教育哲学

スマートな大人の俯瞰法を授けるよ〜エージェンシーとストラクチャー〜

こんばんは、よしろうです。


今回のネタは『正義』。


人目を気にする人は、なかなかツッコミづらいテーマではないでしょうか。


正義なんて歴史を振り返るまでもなく、あちこちで暴走しているわけですが、いかんせん当事者たちは気づかない…!


いやはや、なんとも困ったものです、、、orz


そんなわけで深夜のノリもあり 、よしろー専門の政治学の観点から正義について考えてみました。

ストラクチャーとエージェンシー


反対に暗いことばっかり言ってる人は、ストラクチャー偏重。


一般的に上記のもろもろはストラクチャーに区分されるものです。


ま、しょせん「一般的に」なんですけどね。


だって、どんなストラクチャーも人がつくったものですから


大多数が勝手ににストラクチャーだと思い込んでるだけ。


ここの「思い込みを外す=常識の俯瞰」は、人生を楽に生きるためのコツですね!


「絶対」じゃありませんよ?


「絶体」なんです。絶体絶命の。なければ死んじゃうんですよ、心が。


じぶんの自信のなさを「正義」というメッキで補強しているだけなのですが、効果は絶大。


正義に酔いしれながら、残酷なことだってできるようになるわけですね。


戦争とか、十字軍なんかが典型です。


冷めるというか「自信の核になってるストラクチャーを覆すのはかわいそうだな」ってなっちゃいますね。


ヘタに刺激すると何されるかわからないので、そっと距離を取るようにしています。


よしろーに対して十字軍発動されても困りますから…。

この概念を日常に生かす


うむうむ、我ながらこれは良い例え・・・。

まとめ

ぼくが提唱するスマートな俯瞰法とは

相手のストラクチャーとエージェンシーを見極めること

と言えます。


そして俯瞰とはひとつ上の次元から主観を排し、全体を見下ろし理解、構造的に把握することです。


小者ほど「上から目線だ!」と言ってきますが、まったくもって聞く価値なし。


完全無視でいきましょう。


俯瞰はデータ分析にもおそろしく役立ちますし、クセにできれば世の中の変数にいちいち惑わされなくなります。


そしてそれは結果的にじぶんの身を守ることにもつながります。


独裁者や詐欺師はたくみに「正義」の気持ちを刺激し、誘導してきますから。


身に降りかかる詐欺や洗脳すらも楽しめる人生にしましょう!


ではでは!

あわせて読みたい
「なんで被害者が責められるの?悪いのは加害者なのに」論争に終止符を打とう。〜経営と投資のセンスを問う〜 こんばんは、よしろうです。 しっかしタイムラインの感じ、仮想通貨落ちついたな〜。100万くらい入れて、3年ぐらい放置するが吉か。...