哲学

「なんで被害者が責められるの?悪いのは加害者なのに」論争に終止符を打とう。〜経営と投資のセンスを問う〜

こんばんは、よしろうです。


あれだけ流れてきた仮想通貨ツイートがウソのよう・・・!


コインチェック(以下CC)事件から一週間たった今、それはもうお通夜のように静まりかえっておりますw


よしろーも被害・・・どころかコインチェックに統一してたのでけっこうな痛手・・😭


まあしかし、投資は自己責任。


コインチェックのずさんな管理体制に文句言ってる人もおおいですが、ぼくは気にしてません。


だって明らかにぼくが悪いですから


至言すぎる…。


そもそも投資や投機商品は旬があるので、いつ暴落するかわからないもの。


いくら含み益を誇っても、実際に換金できなければ意味ないんですよ。


無人島で金銀財宝もってても無意味なように。


安心と安全はまったくの別物。


経営者や投資家を目指す人間は、胸に刻んでおきましょう!

試合に負けても、勝負に勝て!!

ここで本日のタイトルにもどりましょう。


「なんで被害者が責められるの?悪いのは加害者なのに!」


これ言ってることはわかります。正しいとも思いますよ?


でもこう言ってる人と


ぼくは絶対に仕事をしません。


絶対に手を組まない。


経営者や投資家に向いていると1mmも思えないからです。

この1コマに尽きますね!


「たしかに加害者がわるいよ、君は正しい。


で、なに?


それで君は身を守れたの?


君のいちばん大事なものを守れてなくない??


ただ哲学不足をさらしているだけ。


「正義」というもっとも頭を使わなくていい、そしてもっとも責任のない、楽な道に逃げいているだけ。

経営者や投資家はつねに危機意識高く、


ふつうに人が「私のせいじゃないもん!」というものも、自分ごととしてしっかり捉えておく必要があります。


つまり、ふつうの人がストラクチャーだと思うことも、エージェンシーだと思わないといけない、とうことです。

あわせて読みたい
スマートな大人の俯瞰法を授けるよ〜エージェンシーとストラクチャー〜 こんばんは、よしろうです。 『正義感が強い人』は例外なくめんどくさい。— よしろう@ポジションを明確にアウトプットする期 (@y...


投資は自己責任。


経営も自己責任。


そして当然、


人生だって自己責任。


理想の人生をめざして。じぶんの人生に責任を持ちましょう。


「それ、ホントにしょうがない??」


ではでは!

あわせて読みたい
『庶民』を卒業するために意識すべき3つのステップ こんにちは、よしろうです。ツイッターを見てたら、なにやら面白そうなツイートが回ってきました。 庶民感覚とは・法人税の仕組みを知ら...